Hiroko Sano

~獣医師で生物教諭~ 佐野 寛子

ヒトを含む生き物を救おうとしたら、ヒトの心の育成にたどり着きました

学べば学ぶほど、救えることが広がる・増える

Best、Betterな世界に向けて、ともに鍛えませんか

活動

・東京都生物教育研究会(以下、都生研) 2支部長 

 都生研1・2支部総会講演会兼研修会 

 H27濱田隆宏先生(東京大学)講演「植物の発生と環境応答におけるH27微小管の役割」

 実習「マイクロズーム顕微鏡を用いた生物の形態観察・撮影、ICT教材への活用例、教材化の協議」

 H28竹井祥郎先生(東京大学)「体内環境について 基礎~発展、探究」

 H30松田良一先生(東京大学)「ヒトの生物学」

・同会 教材開発委員 勉強会担当(企画・運営・案内役)

・同会 西表研修会 企画、運営、まとめ役(2016~2018)

・東京動物園ボランティアーズ ウサモル班

・NHK高校講座「生物基礎」監修 (2018~2021)

・教科書執筆、編集協力、問題集執筆

・TOK勉強会「社会課題解決総合学習ノート」

・経産省「未来の教室」事業  タクトピア株式会社 “HeroMakers”第一期生     「Propose Project ~Chalk-Jack~」企画考案・実施

 


講師・シンポジスト

・都生研勉強会「生物基礎でのマウス・ラットを用いた形態観察と生徒実習」

・都生研勉強会「生物基礎での顕微鏡を用いた観察・生徒実習」

・都生研勉強会「生態系分野での実験・実習」話題提供

・都生研勉強会「大腸菌培養シートを用いたオペロンと形質転換に関する実験」

・都生研勉強会「高校生物で扱う実験結果・データのまとめ方、読み方~誰でも簡単統計処理~」

・都生研勉強会「酵素反応実験」

・都生研勉強会「食材をつかった観察実験授業」

・都生研勉強会「生態系分野AL授業研究協議」

・都生研勉強会「誰でもかんたん! 食材をつかった観察実験授業研究協議」

・都生研勉強会「すぐに実践したくなる授業教材の紹介、配布、授業体験」

・都生研勉強会「実験を中心とした授業実践」

・都生研勉強会「顕微鏡観察・実験授業の協議」

・都生研勉強会「生物の頭部観察授業の協議」

・都生研勉強会「教材生物の維持と活用法に関する協議」

・都生研勉強会「臓器をつかった観察実験授業の協議」

・都生研勉強会「ICT学級タブレットを用いた授業研究協議」

・都生研勉強会「自律神経系の実験観察授業研究協議」

・AL授業研究会、「遺伝子のはたらき:TOK」公開授業および研究授業

・埼玉県立熊谷西高校SSH「比較解剖学研修」

・東京都立中学理科教育研究会、都生研、第1回共同開催研修会にて講師

・早稲田大学 Critical Thinking in Education Symposium「生徒同士で批判的思考力を高め合う生物授業実践例」シンポジスト・口頭発表

・大東文化大学 シンポジウム、シンポジスト・口頭発表

・河合塾

・都生研勉強会「身近な植物を利用した生態系分野の屋内実験・授業実践紹介」

・「次期学習指導要領への提言に向けたシンポジウム」日生教シンポジウム九州地区  口頭発表、パネリスト

・「バカロレア体験授業」高知国際中学高等学校にて講師

・文京区立理科教育研修会にて研修講師

・茨城県立生物教育研究会にて研修講師

・第71回日本人類学会シンポジウム「初等教育への人類学を学習に入れる取り組み」シンポジスト、話題提供。

・第103回日本生物教育学会愛知大会「理想の教科書」シンポジスト

口頭発表

・第68回日本生物教育会(以下、日生教)東京大会「傷病動物の救護及び死体回収・解剖を求めた生徒への獣医師教員からの甘辛アドバイス」口頭発表、同大会実験講習会副担当

・第96回日本生物教育学会(以下、生物学会)つくば大会「遺伝リテラシ-への一歩 ヒトゲノム解析におけるELSIを扱った高校授業実践報告」口頭発表

・第69回日生教福岡大会「ゲームで体験しながら学ぶ生態学」口頭発表、および「ヒトゲノムから遺伝リテラシーを学ぶ」ポスター発表

・第98回生物学会愛媛大会「環境問題をプロジェクト学習で学ぶシムシティ@エコロジー」口頭発表

・都生研「日本生物学会福岡大会・東京発表会」にて口頭発表

・都生研「日本生物学会第98回全国大会アンコール発表会」にて口頭発表

・第70回日生教福島大会「アクティブラーニングで学ぶ生態分野- 植生乾性遷移ゲームICTヘの試み、シムシティ@エコロジーVer.2 -」口頭発表

・都生研「日本生物学会福島大会・東京発表会」にて口頭発表

・第100回生物学会大会「コンピテンシーをベースとした生物基礎体内環境分野授業実践 ~診察 RPG~」口頭発表

・都生研「生物学会第100回全国大会アンコール発表」にて口頭発表

・第71回日生教熊本大会「課題研究に導くステップアップをともなった、実験・観察から導入する授業展開の紹介4単位「生物」~生命現象と物質 編~」口頭発表

・都生研「日本生物学会熊本大会・東京発表会」にて口頭発表

・第1回日本アクティブ・ラーニング学会研究会「国際バカロレア教育の手法と理念を用いた高校生物基礎『遺伝子とそのはたらき:日常との関連』授業実践報告」口頭発表

・第101回生物学会「現行学習指導要領における『生物基礎』に国際バカロレアの理念を取り入れた授業実践例」口頭発表、「『国立科学博物館の展示を利用した教材開発会議』の取り組み」同大会にてポスター共同発表」同大会にてポスター共同発表

・都生研「生物学会第101回全国大会アンコール発表」にて口頭発表

・第72回日生教栃木大会「TOKをとりいれた生物基礎~生き方をともに考える~」口頭発表

・都生研主催「日本生物学会栃木大会・東京発表会」にて口頭発表

・第102回生物学会熊本大会「『SDGs』を扱った学年内のカリキュラム・マネジメントと授業実践の紹介 ~生物基礎「生態分野」での例~」口頭発表、「『つい誰かに教えたくなる人類学63の大疑問』を活用し、「ヒトの生物学」を扱った授業実践例」同大会にてポスター発表

・第73回日生教山口大会口頭発表「徒の探究をともなった、実験・観察から導入する授業展開の紹介4単位「生物」~環境応答、発生編~」、ポスター発表「国立科学博物館と東京都生物教育研究会共同教材開発~人類頭骨比較クリアファイルの紹介~」


著者

・社会課題解決総合学習ノート ネリーズ

・「看護生物問題集」数研出版

・「生物基礎 教師用指導書」東京書籍 『植生遷移ゲームアプリ』付属DVDに収録

・「学ぶキミ」ラーンズ

・「つい誰かに教えたくなる63の大疑問」講談社

・「菓子科学概論」講談社


論文

・都生研会誌「バイオームを実感する海外研修の可能性Ⅰ」市石博他(執筆の1人

・都生研会誌「バイオームを実感する海外研修の可能性Ⅱ」市石博他(執筆の1人)

・‘‘The N-Terminal Cleavage of Chondromodulin-I in Growth-Plate Cartilage at the Hypertrophic and Calcified Zones during Bone Development.’’ PLoS One. 2014 Apr 2014; 9(4): e94239.

・‘’Stimulatory actions of lysophosphatidic acid on mouse ATDC5 chondroprogenitor cells.’’ J Bone Miner Metab. 2010 Nov;28(6):659-71.

連絡先:Face Bookにて「佐野寛子」と検索ください。

    上記写真の顔写真にメッセージを送っていただけますよう

    お願いいたします。

    友達申請は、直接お会いした方に限らせていただきます。